• ホームへ
  • 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
灯油・重油:企業の省エネ術

ボイラのブロー量見直しでボイラ燃料の省エネ!

57,110kg/年減
  • 杉の木約4,079本分
  • 約1,583,550円/年
各数値の換算基準についてページへ

貴社のボイラのブロー率は把握されていますか?
ボイラのブロー量を設定するには、ボイラ給水の硬度成分(CaCO3、CaSO4など)などの
不純物を考慮し、適切なブロー割合を把握し、適正化を図ることが重要です。
ボイラーチューブ腐食の主な原因は水中の溶存酸素、塩素イオン
および不適切なpH値です。
もし把握されてなければ、水中の濃度を測定しブロー量を適正化し
ブローによる熱損出を最小限にし、燃料の省エネを実施しましょう。

  • 年間で22,950Lの灯油消費削減
  • 灯油代 約1,583,550円/年の節約
  • CO2排出量 57,110kg/年の排出STOP

※ブロー率:24% 連続ブロー量:0.3kL/h一定 ボロー水密度:1000kg/kL ボイラ給水量:1000t/月 灯油の発熱量:43.54MJ/kg 比重:0.8 ボイラ平均効率:80% 灯油燃料使用量:1900kL/年 平均単価69.0円/L

ページトップへ