• ホームへ
  • 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
灯油・重油:企業の省エネ術

ボイラの低空気比燃焼運用で省エネ!

12,872kg/年減
  • 杉の木約919本分
  • 約308,750円/年
各数値の換算基準についてページへ

貴社の燃焼設備(炉やボイラ、吸収式冷温水器など)は空気比を管理していますか?
通常、炉や缶で燃料を完全燃焼させるには、
理論空気量より若干過剰な空気量が必要である。
しかし、あまり過剰な空気量は排ガスを増やし、排ガス熱損出が増加する。
従って、不完全燃焼を起こさないなら、極力少ない空気量が良いです。

【空気比】=【実際空気量/理論空気量】

となります。
貴社も燃焼設備の空気比を管理して省エネしましょう。

  • 年間で4,750LのA重油消費削減
  • A重油代 約308,750円/年の節約
  • CO2排出量 12,872kg/年の排出STOP

※蒸気量:平均680kg/h・缶×2 燃料:A重油 65円/L 燃焼量:平均45L/h 年間使用料:216kL 現状排ガス分析:平均02濃度:9.1% 排ガス温度:150℃ 大気温度:20℃

ページトップへ