• ホームへ
  • 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
灯油・重油:企業の省エネ術

ボイラの蒸気圧を低減して省エネ!

46,986kg/年減
  • 杉の木約3,356本分
  • 約1,133,100円/年
各数値の換算基準についてページへ

貴社のボイラの設定蒸気圧は、使用圧よりどれぐらい高く設定していますか?
ボイラの圧力調整範囲や蒸気配管等の圧力損失、使用圧を考慮して、
加熱熱源として必要な温度に相当する圧力付近まで低くする方が、
蒸気輸送管からの放熱量低減でき省エネになります。
配管の途中で減圧等をされている設備は、限りなく蒸気圧を下げて使用しましょう。
また、蒸気圧をチューニングする際は、ターンダウンレシオなどにも注意して
チューニングを実施してください。

  • 年間で18,885Lの重油消費削減
  • 重油代 約1,133,100円/年の節約
  • CO2排出量 46,986kg/年の排出STOP

※蒸気量:9600kg/h 蒸気の比エンタルピ:0.9MPa→661.93kcal/kg 0.3MPa→650.56kcal/kg A重油低位発熱量:10200kcal/kg ボイラ効率:80% 運転時間:1200時間/年 重油単価:60円/L 

ページトップへ