• ホームへ
  • 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
ガス:企業の省エネ術

環境CO2濃度を活用し換気量を調整して省エネ!

43,999kg/年減
  • 杉の木約3,143本分
  • 約1,273,860円/年
各数値の換算基準についてページへ

貴社は環境CO2濃度による外気量の調整を行っていますか?
夏季や冬季などは、空調しているお部屋に外気をたくさん導入すると、
空調機の負荷が増えるので、光熱費が増大します。
そこで、環境CO2濃度を測定して季節ごとに適正な換気量に調整しましょう。
また、外気冷房の可能な中間期は環境CO2濃度が低くても
積極的に外気を導入して、出来るだけ空調機の運転を控えましょう!

  • 年間で18,900m3のガス消費削減
  • ガス代 約1,273,860円/年の節約
  • CO2排出量 43,999kg/年の排出STOP

※夏季の外気:28℃ 湿度73% 夏季昼間の室内:26℃ 湿度50% 夏季対象時間:1440時間/年 吸収式冷温水機COP:1.0  冬季の外気:8℃ 冬季の室内:22℃ 冬季対象時間:1620時間/年 ボイラ効率:88% ガス発熱量:41.6 MJ/m3 ガス単価:67.4円/m3

ページトップへ