• ホームへ
  • 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
ガス:企業の省エネ術

貯湯槽式の給湯を個別ガス給湯式に変更して省エネ!

18,857kg/年減
  • 杉の木約1,347本分
  • 約5,545,940円/年
各数値の換算基準についてページへ

貴社の給湯設備は中央式のボイラタイプですか?
中央式の場合は、ボイラで加温して貯湯槽式で運用しているのが一般的ですが、
お湯の使用率が低いと、無駄な加温が繰り返されます。
お湯の使用量が低い場合は、ガス瞬間湯沸かし器を局所的に設置して運用しましょう。
そうすれば効率的にお湯を製造、消費できますので燃料の省エネになります。
ぜひ、貴社内でも調査して実施しましょう。

  • 年間で8,100m3のガス消費削減
  • ガス代 約5,545,940円/年の節約
  • CO2排出量 18,857kg/年の排出STOP

※給湯用水使用量:45m3/月 給湯温度:40℃ 給湯効率:中央式11% 局所式37% 現在のガス消費量:948m3/月 ガス発熱量:46.1MJ/m3 ガス単価:67.4円/m3

ページトップへ