• ホームへ
  • 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
電気:企業の省エネ術

加熱炉の保温・断熱の強化で省エネ!

46,636kg/年減
  • 杉の木約3,331本分
  • 約1,016,738円/年
各数値の換算基準についてページへ

貴社の炉壁は断熱保温されていますか?
断熱や材料や製品の出し入れ部分の隙間は大きくありませんか?
放熱量が多いとその分、炉を昇温するエネルギーが大量に
無駄になりますので炉壁の断熱を強化し省エネルギーを実施しましょう。
天井や炉底などの断熱もお忘れなく!

  • 年間で84,028kWhの電力消費削減
  • 電気料金 約1,016,738円/年の節約
  • CO2排出量 46,636kg/年の排出STOP

※電気炉炉温:580℃ 電気炉稼働時間:1200時間/年 炉体表面積:天井15m3,側壁32m3 現状表面温度:天井150℃,側壁130℃ 断熱強化後表面積温度:天井60℃,側壁:60℃ 室内温度:30℃ 自然対流の面の係数:天井3.26,側壁2.56 外面放射率:0.8 電力単価:12.1円/kWh

ページトップへ