• ホームへ
  • 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
電気:企業の省エネ術

空調・冷蔵一体型機器の採用でコンビニも省エネ!

18,173kg/年減
  • 杉の木約1,298本分
  • 約619,535円/年
各数値の換算基準についてページへ

コンビニエンスストアーやスーパー、デパートに朗報です。
現在貴社で使用している冷凍庫や冷蔵庫などのショーケースは、
どのようなタイプの機種ですか?
コンビニエンス・ストアなどでは、冷凍・冷蔵庫が消費電力の半分を占めており、
冷凍・冷蔵庫が重要な省エネのポイントになります。
空調と一体型の冷凍・冷蔵庫を使用すれば、夏場は機器の稼働効率が向上し、
冬場は冷蔵庫や冷凍庫の排熱が暖房に有効活用できるので
エネルギー効率が上がり省エネが実施できます。
分割型を使用している場合はぜひ一体型を導入しましょう。

  • 年間で32,745kWhの電力消費削減
  • 電気料金 約619,535円/年の節約
  • CO2排出量 18,173kg/年の排出STOP

※コンビニエンス・ストア電気使用量:177,000kwh/年・1店舗 電力単価:18.92円/kWh

ページトップへ