• ホームへ
  • 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
電気:企業の省エネ術

空調を蓄熱方式に更新して省エネ!!

162,979kg/年減
  • 杉の木約11,641本分
  • 約9,402,000円/年
各数値の換算基準についてページへ

貴社の空調システムはピーク負荷・低負荷をケアしていますか? 
外気温や負荷に合わせた運転だけで夏場に特出した使用状況で、
電気料金を必要以上にお支払していませんか? 

空調システムに蓄熱槽を採用するとピーク負荷をカットし、
効率の良い運転が可能となり、なおかつ電気料金も大幅に削減できます。 
ぜひ、空調機を更新する際は蓄熱空調方式を導入しましょう。

  • 年間で293,656kWhの電力消費削減
  • 電気料金 約9,402,000円/年の節約
  • CO2排出量 162,979kg/年の排出STOP

※既存空調負荷動力:2,936,569kWh 電力量料金:13.6円/kWh 電力基本料金:1,600円/kW 

ページトップへ